コラム

スクールを運営する企業の卒業記念パーティは交際費か?

小西公認会計士事務所コラムvol.3
【スクールを運営する企業の卒業記念パーティは交際費か?】

今回は交際費についてとりあげたいと思います。

交際費は、冗費(無駄な支出)を抑制し企業の資本を充実させることや資本力のある企業が多額の交際費を利用して公正な取引を阻害する恐れがあることなどを理由に一定の制限が設けられています。無制限には会社の経費(損金)とはならないのです(このあたりの詳細はまた別の回にでも)。

では交際費となる要件とはなんでしょうか。この点、いくつか考え方があるのですが、最近の判例では3要件説というのが採用されています。

その3要件とは、

①「支出の相手方」が事業に関係ある者等で あり、②「支出の目的」が事業関係者等との間の親睦の度を密にして取引関係の円 滑な進行を図ることであるとともに、③「行為の形態」が接待、供応、慰安、贈答 その他これらに類する行為であること、です。

そして、支出の目的が接待等のためであるか否かについては、当該支出の動機、金額、態様、効果等の具体的事情を総合的に判断して決すべきであり、また、接待等に該当する行為とは、一般的にみて、相手方の快楽追求欲、金銭や物品の所有欲などを満足させる行為をいうと解される

とされています。快楽追求欲ってなかなかすごい表現ですね(笑)。
この3つを満たさないと交際費とは言えないということです。

平成20年の判例で、スクール事業を運営する会社が、スクールの卒業生向けに「卒業祝賀パーティ」として支出した昼食代が交際費にあたるかどうか争われた事例がありました。

この判例では上記の要件に当てはめ、交際費には該当しないとされ、納税者が勝訴しました。具体的には、①「支出の相手方」は、卒業生ですが、卒業後はそのスクールを開業できることから事業に関係ある者等と認定されました。しかし、②「支出の目的」については、卒業式という区切りの行事であることや時間が長時間におよぶために昼食が出されていること、昼食が社会通念上供与されると認められる通常の昼食の範囲であることなどを理由に、「親睦の度を密にして取引関係の円 滑な進行を図ること」が目的であるとは判断されませんでした。また、③「行為の形態」についても、社会通念上の通常の昼食であることや、お酒が乾杯のシャンパン1杯のみだったこと等を理由に、接待等(=快楽追求欲、金銭や物品の所有欲などを満足させる行為)に該当するとは判断されませんでした。

交際費との線引きが微妙な経費に関しては、以上の要件にあてはめ慎重に検討しましょう。

また、交際費に似た概念に会議費があります。
会議費とは、「会議に関連して、茶菓、弁当その他これらに類する飲食物を供与するために通常要する費用」です。これに該当する場合、つまり会議のために通常必要となる範囲の飲食費は制限のある交際費ではなく、そのまま損金となる会議費となります。

では、「通常要する費用」とはどれくらいでしょうか。
この点、租税特別措置法関係通達61の4(1)-21で、「会議に際して社内又は通常会議を行う場所において通常供与される昼食の程度を超えない飲食物等の接待に要する費用は、原則として措置法令第37条の5第2項第2号に規定する「会議に関連して、茶菓、弁当その他これらに類する飲食物を供与するために通常要する費用」に該当するものとする」と例示されています。

つまり、通常会議の際に出るランチ程度であれば、OKということです。

なお、社外の人との1人あたり5,000円以下の飲食であれば交際費から除外するという規定がありますが、これは会議費には適用されません。会議としての実態があり、「会議に通常要する費用」として認められるのであれば、1人あたり5,000円超でも会議費となり、交際費にはなりません。こちら間違えやすいのでご注意を。

公認会計士・税理士 小西

Facebookでお役立ち情報を配信しています。是非いいね!をお願い致します。

——————————————————————————————————————————————————
小西公認会計士事務所では、公認会計士・税理士が会社設立、融資支援、事業計画の策定、節税対策までワンストップでお手伝いさせていただいております。単発の税務・経営相談もお受けしておりますのでお気軽にご相談ください。

福岡県福岡市中央区大手門1丁目8番8号ベイサージュ大手門402
HP: http://konishi-kaikei.com/
Tel: 092-517-3505

公認会計士・税理士 小西慎太郎

フェラーリ・クルーザーは経費になるか?

小西公認会計士事務所コラムvol.2【フェラーリ・クルーザーは経費になるか?】

高級外車の代名詞フェラーリやセレブ感漂うクルーザーは経費になるのでしょうか。
ちょっと難しそうですよね。

しかしこの点、2,700万円の二人乗りフェラーリを会社の経費として認める判決が平成7年10月に出ています。

税務署は、業務に利用された証拠がないこと、高級外車であるフェラーを選んでいるのは個人の趣味であることを理由に当初否認をしました。

それに対して、裁判所は高級外車とはいえ、現実に業務に利用していた実績があること(走行実績がきちんとある)、フェラーリを利用していた役員に対して旅費交通費・通勤手当が支給されていないこと(旅費規程に社用車で出張した際には、旅費を支給しない旨の規定があり、実際に支払われていない)、を根拠に業務に利用されていると推認しました。

これを読むとうちもフェラーリを経費にしようと思われるかもしれませんが、裁判所はもう一つ理由をあげています。フェラーリを業務に利用していた役員は、会社の経費にせずにプライベートで3台(!!)の高級外車を保有しており、業務用とプライベート用が分けられていたと判断したようです。プライベートで3台も持っていれば、1台を本当に業務に利用していればそれは社用車ですよね。お金持ちはすごいですねぇ。

会社の経費にしようと考える方は、きちんと業務としての利用記録をきちんと作成し、規定をきちんと整備し、プライベートときっちり区別するようにお気をつけ下さい。

同じ判決文の中で、クルーザーも争われているんですが、こちらは納税者が負けており、会社の経費ではなく、個人的な支出であるとされています。

納税者側は従業員の福利厚生や銀行の接待のために利用したと主張しました。しかし、何の目的のために利用したのかの記録がないこと、福利厚生に関する利用規定等がないこと、限られた人しか船舶免許をもっていない(全ての従業員が利用できない)ことから、裁判所は福利厚生や接待に使われたと言えないと判断し、個人的な支出と判断しています。こういった微妙な資産・経費の場合、実際の使用状況、規定の整備状況というのが重視されるようです。

フェラーリはOK、クルーザーはダメと安易に暗記せずに、きちんと業務上の資産であることを立証できるように準備しておきましょう(顧問税理士と相談されることをオススメします)。

小西

Facebookでお役立ち情報を配信しています。是非いいね!をお願い致します。

——————————————————————————————————————————————————
小西公認会計士事務所では、公認会計士・税理士が会社設立、融資支援、事業計画の策定、節税対策までワンストップでお手伝いさせていただいております。単発の税務・経営相談もお受けしておりますのでお気軽にご相談ください。

福岡県福岡市中央区大手門1丁目8番8号ベイサージュ大手門402
HP: http://konishi-kaikei.com/
Tel: 092-517-3505

公認会計士・税理士 小西慎太郎

お金がなくても資本金は増やせる?

小西公認会計士事務所コラムvol.1【お金がなくても資本金は増やせる】

創業時に十分な資金的余裕がなく、資本金が数万円や数十万円になっていることはベンチャー企業ではよくあることです。これ自体はなんの問題もありません。

新会社法になる前の商法時代には、株式会社の設立時の資本金は最低でも1,000万、有限会社の場合は300万でした。現在はこの規制が撤廃され、資本金1円でも株式会社を設立できるようになりました。今やほとんど見栄えだけの問題です。

しかし、資本金は様々な書類に記載が求められますし、見栄え的にもっと増やしたいなぁ、ということはありませんか。

会社の資本金を増やす一番メジャーな方法は、株式を発行し、その対価として現金または現物資産(土地、固定資産、有価証券など)を会社に払い込むことです。

しかし、この方法の場合、現金または現物資産がないとできません。

では、諦めるしかないのでしょうか。
いいえそんなことはありません。会社に内部留保(=蓄積してきた利益)がある場合、それを資本金に振り替えることができます。

これは株主総会の普通決議ですることができ、株主の半数以上の同意があれば簡単に行うことができます。ただし、登録免許税が、増加した資本金の額の1000分の7(3万円未満の時は3万円)必要になりますのでご注意下さい。

増やせる金額は、貸借対照表の「その他利益剰余金」の金額が上限になりますので、自社の貸借対照表で確認をしてみて下さい。

注意点としては、資本金が1,000万以上になると消費税の免税事業者になれない、資本金が1,000万超になると住民税均等割の金額が上昇するなど、会社によってはデメリットとなることもありますので、事前に必ず税理士とご相談されることをおすすめします。幣事務所では単発のご相談もお受けしておりますので、資本金の件のみの相談も勿論OKです。

小西

Facebookでお役立ち情報を配信しています。是非いいね!をお願い致します。

——————————————————————————————————————————————————
小西公認会計士事務所では、公認会計士・税理士が会社設立、融資支援、事業計画の策定、節税対策までワンストップでお手伝いさせていただいております。単発の税務・経営相談もお受けしておりますのでお気軽にご相談ください。

福岡県福岡市中央区大手門1丁目8番8号ベイサージュ大手門402
HP: http://konishi-kaikei.com/
Tel: 092-517-3505

公認会計士・税理士 小西慎太郎

創業補助金説明会開催します。

2月28日に公表された創業補助金の説明会を開催します。

女性や若者の地域での起業や後継者の新分野への挑戦を応援する補助金になります。

創業に要する経費の3分の2を最大200万円まで補助する制度ですので、起業や法人成りをご検討中の方はお気軽にご参加ください。

《創業補助金説明会》

開催日時:2014年3月13日(木)19:00-20:00

会場:  ibb CORE minato 5F  福岡市中央区港2-8-25

講師:  小西慎太郎(会計士・税理士)

対象者:

・今後起業・創業(新規法人設立・個人事業主)予定の方

・2013年3月23日以降に起業・創業した方

・法人成りを検討している個人事業主の方

・2012年9月23日以降に事業承継した方もしくは事業承継予定の方

料金:  無料

定員:  20名

申込方法:k.masuda@konishi-kaikei.com宛にご連絡ください。

イベントURL: https://www.facebook.com/events/379801542162159/?ref_notif_type=like&source=1